毛穴を閉じる保湿方法ってどうやるの?スキンケアのやり方を徹底解説!

寝る前にお風呂で身体をあたため、よく毛穴を開いた後に洗顔石鹸をたくさん泡立てます。そして、顔を優しくきれいに洗い上げます。

この時、気をつけるのがお湯の温度です。お湯の温度は必ずぬるま湯にしておきましょう。お風呂からあがったらすぐにスキンケアにうつります。

まず、化粧水をたっぷりと手にとって肌に押さえるように塗布します。これが一番の美肌へのポイントです。

その次に美容液を手に取り、目の下や口元に塗り、さらに上からたっぷりと保湿クリームを塗布します。

これで美白への肌のターンオーバーを目指します。

特に目の下のたるみやほうれい線が気になる場合は、目の下用の美容液とそのほかの部分の美容液をわけるというのもおすすめです。

私は目の下のたるみに関してはヒアロディープパッチというヒアルロン酸を貼るようなものがあるのですが、これを使っていました。

ヒアロディープパッチは美容液ではありませんが、ヒアルロン酸の針のようなものがパッチにたくさんついており、ヒアルロン酸を直接肌に入れることができるというものです。

詳しくはヒアロディープパッチの口コミをご覧ください。

肌の回復に重要な睡眠の効果を最大限に引き出すことができる

お風呂で毛孔を開き、老廃物を流して洗顔することで、後で行うスキンケアの美白成分や美容成分の吸収率がアップします。また、あたたまった肌は外界からの保湿成分と馴染みやすく、ぴったりと化粧水や美容液が肌にマッチするのでとても気持ちが良いです。そして化粧水や乳液をつけて肌のケアをしたら、その保湿成分と美白成分を逃さないようにさらに上から保湿クリームをたっぷりと上から塗ることで、肌の乾燥を保湿クリームが防ぎ、美容成分を肌が十分に吸収して肌のターンオーバーを促進することにつながって、吹き出物やシワを予防します。夜寝ている間は暖房や冷房で乾燥することも多いのでお肌はいたみがちになってしまいますが、保湿クリームをたっぷりめに塗布することで朝まで乾燥せずにお肌を保つことができます。

保湿重視のスキンケアで一日快適に過ごせる

この一連のスキンケアをして夜間寝ると、朝起きた時にお肌がもっちりとして化粧乗りが良く、その日一日を乾燥を感じることなく過ごすことができます。特に夏場はおすすめで、普通は日焼け止めを顔に塗ると乾燥しがちになってしまうのですが、この方法を試してからは日焼け止めを顔にたっぷりと塗っても乾燥することがなくなりました。また、月経周期によって時々起こる肌トラブルがずいぶんと軽減され、メイクによる肌の刺激も感じにくくなりますし、なによりぷるんとした肌は顔色を良く見せてくれます。ニキビや吹き出物といったものもなくなり、目の下のクマもずいぶん薄くなりました。いつもゆで卵を剝いたような肌がこのスキンケアによって得られたのはとてもよかったと思います。

一日一回のスキンケアにすること

化粧品メーカーは色々なスキンケアの方法を紹介していますが、それよりもとにかく自分が続けられるものを行うことが大切だと思います。朝用、化粧中用、夜用等様々なケースに別れているスキンケアは面倒ですし、外出中は荷物も多くなってしまいます。なので、一日一回だけでも良いですし、朝晩ササッとするだけでも良いようなそんなスキンケアを見つけることが大切です。化粧品メーカー推奨のスキンケアにとらわれず、自分なりに行って肌が健康に保っていられるようなものを見つけていきましょう。たくさんお金や時間をかけるよりも、肌が元気でいられるように毎日気をつけることが一番重要ですし、それが最短の美肌への近道でもあると考えられるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA