基本人肌のお湯の洗顔のみのシンプルスキンケアで肌はキレイになるの?

このスキンケア法にたどり着くまで、乾燥してつっぱりを感じる部分があるかと思えば、脂っぽく吹き出物ができてしまったりしていました。どうしてだろうと思い、洗顔後、パックをしたり、美容液をつけたり、必死にスキンケアをしましたが、自分が思うような美肌にはたどり着きませんでした。しかし、知り合いにこの洗顔法を教えてもらってしばらくしてから、自分の肌が一番良い潤いを生み出すことを知りました。お陰様で、今は洗顔後、化粧水をつけるだけで美肌を維持できています。

皮脂はお肌を守ってくれるもの。必要以上に皮脂を落としません。

私自身、このスキンケア法を聞いた時、半信半疑でした。なぜなら、心のどこかで、スキンケアは時間とお金をかけてするもの、時間とお金をかけた分だけお肌は応えてくれると思っていたからです。しかし、このスキンケア法を教えてくれた知り合いの方から、洗顔後、保湿をしているでしょう、それって洗顔剤ではぎ取ったものをわざわざ外から高いお金で買ってきたもので補充しているだけじゃないと言われて、目が覚めました。確かに、そうだなと思いました。ただし、それまでいつも潤いを補充してきたのに、すぐにそれを止めるのは良くないです。精神的にも不安になりますし、お肌も急激な変化につけないと思います。段階的に人肌のお湯での洗顔のみに切り上げていくことをお勧めします。

お肌が綺麗になり、スキンケア代がかからなくなりました。

このスキンケアを初めて一番良かったと思っていることは、吹き出物ができなくなったことです。お肌の触り心地もよくなり、ひどくかさかさすることがなくなりました。また、美容液に化粧水、乳液にパック、お値段がそれなりのものの方が効果が高そうと思っていたので、毎月、それなりの金額がお財布から旅立っていたたのですが、ぐぐっとその金額が減りました。誤解のないように書きますが、お肌の状態は天候や体調にも左右します。だから、基本的には人肌のお湯での洗顔で済ますようにしていますが、真冬の風の強い時などは、お湯だけでの洗顔でもツッパリを感じることがあるので、そのようなときは化粧水や乳液をお肌に投入しています。お肌の状態を見ながら、臨機応変にスキンケアをすることが大切なのではないでしょうか。

洗顔する時を決め、ルーティーン化させましょう。

基本、洗顔は朝と夕方します。朝の洗顔は朝食と歯磨き後、夜の洗顔はお風呂の時と決めています。お風呂の時?それまではメイクしたまま?と思われるかもしれませんが、外から帰ってきたら、何はともあれすぐにお風呂に入ることをルーティーン化させてしまいましょう。そうすることで、メイク落としをお風呂ですることができ、洗顔の回数を減らすことができます。
洗顔の回数を減らすのは、ただ単に楽するためだけではありません。実のところ、人肌のお湯だけの洗顔であっても、回数が多ければ肌に負担がかかります。お肌への負担を少しでも減らすためにそうしています。また、外に帰ってからすぐにお風呂に入ることは、健康のためにも良いこととされています。まずは1週間、続けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA