乾燥から始まる老化を保湿でストップ

私が主にスキンケアをするのは、朝とお風呂上がりです。

色白なのでケアすれば美肌になれるのでしょうが、ケアを怠ってニキビができれば人より目立つし日焼けに斑ができやすいし、色白もいいことばかりではありません。

最近肌にハリやツヤがなくなったことを感じ、さらにスキンケアに力を入れるようになりました。

具体的には、朝は洗顔料を少量にして洗顔、しっかり化粧水をつけ乳液は少量、それから顔用の日焼け止めを塗り、化粧をします。

夜は、しっかりと泡立てた泡で撫でるように洗顔、化粧水と乳液はデコルテまでしっかりとつけます。

昼間はベタつかせず夜はしっとりケア

私の場合、乾燥しやすいところとベタつきやすいところがどちらもあり困っていました。

保湿をしないと乾燥してシワができてしまうけれど、特に暑い夏の朝に乳液をしっかりつけてしまうと逆にベタつきすぎて化粧崩れの原因になっていました。

そこで、良いのかはわかりませんが、昼間は日焼け止めや化粧下地やファンデーションをつけるので、乳液を少量にすることにしました。

気を付けていることは、少量でもシワができやすいところや乾燥しやすいところは昼間でもしっかり保湿することです。

個人で勝手にやっているやり方なので、間違った方法かもしれませんが、以前より肌荒れがなくなりました。

自分に合ったケアの方法を見つけることが大切だと思います。

スキンケアは心のケアにまで繋がる

私の普段の化粧は、スキンケアと下地とファンデーションだけでポイントメイクはほとんどしません。

なので、全体的に薄い化粧といった印象になります。

なぜ化粧が薄いかというと、面倒だからというのが一番の理由です。

もともと肌が敏感で合わない化粧品が多かったこともあり、ほとんど化粧をしないてきたので、慣れていなくて面倒に感じてしまいます。

でも、綺麗でいたいと思うのは女性の性で、スキンケアを始めるようになりました。

すると、周りの人から肌が綺麗だと褒められることが多くなり、自信になりました。

ネガティブ思考で前向きになれなかった私でしたが、自信を持ち前向きになるきっかけにもなりました。

綺麗でいること、綺麗になりたいと思うこと、綺麗になるために努力することは、心さえも綺麗にしてくれます。

自分が素敵だと思う人を目標にする

継続することは何をするにも大変なことでもあり、最重要事項でもあります。

私もどちらかというと後回しにしてしまう「明日からやろう」が口癖のズボラ人間でした。

どうやってその考え方を変えたかというと、好きな芸能人さんを目標にしてみました。

女優さんやモデルさんなど、芸能界には綺麗な人がたくさんいます。

別に「○○さんを目標にするといい」といったことはないですが、自分が見ていて素敵だなあ好きだなあと思う人を目標にするといいと思います。

好きな人ですから、見ているだけで気持ちが明るくなると思うしモチベーションも上がりやすいと思います。

結局のところ、その芸能人さんになることは不可能なわけですが、肌は綺麗になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA